デブとぽっちゃり専門のSNS登場!


それはいくつか違いがあるそうなんですが、大きく分けると全体的に見たシルエットだそうです。
デブは全体的に肉がつき、メリハリもないお相撲さんタイプなのに対し、ぽっちゃりは部分部分にすこし肉がついていて、少し油断した感じの身体だそうです。
ゲイには便利な言葉があってそれをガチムチという人もいます。

デブ専もそうですし、ガチムチ専の出会い系もあるくらいですからね。
わかりやすく芸能人で言うデブは子役からのデブタレで御馴染みの内山信二、まいうーの石塚英彦やお相撲さん全般だそうです。 そしてぽっちゃり系やガチムチ系はお笑い芸人のケンコバ、プロレスラーの高田延彦、大御所俳優の梅宮辰夫だそうです。

またデブは遺伝や生活環境等で小さい頃からずっと太っている方が多いそうで、太っている事を理解し完全に開き直っている方が多いそうです。 なのでダイエットという言葉が大嫌いだそうで好きなものを好きな時に食べる。食べる事が一番の楽しみ、という方が多いそうです。
一方一般のぽっちゃりさんやガチムチは油断してすこし太ったため体系を気にしている方が多いそうです。痩せたいけどなかなか痩せれない、つい我慢できずに食べてしまう、ストレスで一時的に太ってしまってデブっている人も多いそうです。

少し油断して肉がついたぽっちゃり男性の方が可愛いく、そして男らしいと感じます。あと分厚い脂肪のついたデブに安らぎを感じるみたいです。
ぽっちゃりやガチムチは老舗雑誌の「G-men」でよく取り扱われ「デブ」はこれも昔からる雑誌「サムソン」で巻頭グラビアを飾るぐらい人気ですよね。
そんな太ったゲイや太った男性が好みのゲイが集まるSNSが最近人気のようです。

 



肉厚処の登録者数がどんどん増加しています。10代から30代の野郎が多いようです。
今まで、太っていたので、恋愛はあきらめていたけど、ポチャプラスに登録して、太った男が好きなゲイが意外と多いことにびっくりしたという意見が多いです。
やはりデブという言葉からぽっちゃりという言葉に最近変わってきたことによるイメージの変化も大きいと思われます。

今までは、太った男性が好きなゲイは「デブ専」と言われました。でも今は、「ぽっちゃり好き」というように見た目も聞こえのイメージも全然違いますからね。
もう、デブやデブ専という言葉も死後になるかもしれませんね。

 

更新日:

Copyright© ぽっちゃり出会い・デブ専ゲイの出会い広場 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.